北陸地方も梅雨明けし、いよいよ本格な夏に突入
「暑さなんかに負けないぞ!」と人一倍気合いを入れる、人一倍暑さに弱い幹事アオキです

つい最近の出来事なのですが、ちょっとした事情により自転車で糸魚川に行く機会がありました。
その道中、皆さんのお家やご実家の近所、仕事場や懐かしい場所などなど、いろんな所に立ち寄ってきましたので近況報告がてら書いちゃいます

さて、私の住む浦本・間脇から糸魚川までは直線距離で約8㎞。
まずは中学の頃には存在しなかった久比岐自転車道を進み、中宿の西端“あらた浜”をめざしてレッツらGOです!
DSC_1065
上越市の虫生岩戸から中宿までを結ぶこの歩行者・自転車専用道路は、全線を海岸に沿ったかたちで整備されています。
潮の香り漂う海風を感じながら走れるサイクリングロードとして名が知られており、休日になると県外からも多くのお客さんがやってくる人気の観光スポットです。

そんな久比岐自転車道でありますが、我々が中学だった頃には間脇~中宿の区間は未開通。
当時の自転車通学は、交通量の多い国道8号線を通っていました。

それにしても東屋まで整備されている現在の通学事情とはまるで雲泥の差。
こんな素晴らしい環境で通学していれば人生変わったかも?
DSC_1062
DSC_1066
※写真は中宿にある休憩所。昔はただの防潮堤でした。

ほぼ真っ直ぐの道を順調に西へ進むと、そこに見えてくるのは「ローソン中宿店」。

今ならコンビニなんて当たり前にありますが、80年代の感覚ならばそこはドリームランド!!
早川橋の袂に在った「ナルス」でさえテンションだったことを思い起こすと、少年Aはローソンに入店した途端に卒倒でしょうね

うむ~、違う意味で人生変わっちゃっうよ(笑)
DSC_1069
※久比岐自転車道の終着地点横に建つローソン中宿店。昔は三国コカコーラの営業所でした。

当時の思い出とオーバーラップしながら自転車を漕いで漕いで漕ぎまくって、ようやく早川橋に到着

橋の向こうに見える梶屋敷、田伏編は次回で 
DSC_1071
※次回・・・あるんだろうか